プロフィール

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今年も残すところあと2日・・・
恒例の来年用kaikunカレンダーも作成し終わったし
最後の片づけを明日に残すのみとなった。

q18.jpg

何とか各月の季節感にあった写真を選べたと自画自賛。

q20_20131229200502152.jpgq19.jpg


そんな忙しい思いをしている飼い主の立場を一向に意に介さない
kaikunは一日おきの長距離散歩をここ数日仕掛けてくるのだが
親バカ飼い主はそんな彼の我が儘もあっさり許してしまうのだ。

そんなある日に出遭った初顔は6ヶ月半の柴犬“リンちゃん”

q17.jpg

折しも居合わせた紀州犬MIXのココくんと三匹でもつれる様に遊んでいた。

q16.jpg


みなさん、よいお年を~~~!


この冬はkaikunの朝のスタイルが少し違ってきている。
というのは、ついこの間まで朝早くから散歩に連れて行けと
キュンキュン甘えながら、うるさく付きまとって催促してたのに
12月に入ってからはこちらが散歩OKの支度が終わるまで
散歩に行きたくないのかな?と思えるほど温順しく待っているのだ。

尤も、いざ出かけるとその態度は一変する。
この日も長距離予定日らしく、とんでもないコースからの散歩になった。

まずは手始めに雑木林での散策からはじまり、

q30_2013122209114803e.jpg

S城のN川緑地でぶらついていると出遭ったのは初顔のコロくん。
身体の大きさの違いは気にならないらしく、じゃれあっていた。

q29_2013122209114690a.jpg

そして、いまではすっかり馴染みになったK江の住宅地に足を向け

q31.jpg

途中、この2頭の柴犬に挨拶するも吠えられて退散するのも定番。

q28.jpg

そして、行き着いた先はこのところのお気に入りのT公園。

q27_20131222091040260.jpg

ブラブラ歩いていたら急にスィッチがONになって
リードを持たせたままグルグル勢いよく走り始め、
またまた、目が回る思いを味わわさせてくれた。
この走りは不思議といつも右回りになるようだ。

q26_20131222091037098.jpgq25_20131222091035809.jpg

この日は氷が張るほどの今冬一番の寒い朝だったが
地面の霜柱は昼前なのにまだ溶けきらないでいた。

q24_20131222091034dc0.jpg

空気は冷たいけど、眩しいほどの陽光の下でする散歩は
ボクにとって最高さとでも言いたげなkaikun。

q23_201312220910328a3.jpg



寒波の襲来がkaikunに絶好の体調を与えたらしくスタミナが増大し
先週半ばから長距離散歩日の間隔が短くなり飼い主は些か閉口気味

これまでは長距離は1週間に一度あるかないかだったのが
3長(距離)2中(距離)2短(距離)が週の平均値になっているのだ。

この日も、S公園からはかなり離れた住宅街の散歩中に
チャウチャウ犬のサクラちゃんに初対面の挨拶をすませて
… このサクラちゃん、兄貴犬の臆病なチャウくんと違い、かなり友好的 …

q34_20131215111459f0c.jpgq49_2013121423354229e.jpg

それから、M池緑地経由で彼方此方を歩きまわり

q48_2013121423354190a.jpg

最後の到着地はT公園。ここからわが家まで
またまた遠回りで約1時間も歩かされてしまったのだ。

q47_201312142335398ec.jpg

その翌日は、もう少し距離が伸びてT摩川散歩となり

q46_201312142335372b1.jpg

河原で遊んだ後、W泉多摩川からT布まで足取り軽く土手を散策。

q45_20131214233535dda.jpg

中一日置いた翌々日にはN川を上流に向かっての散歩行となったが

q43_20131214232449e66.jpg

お陰で、カワセミを目の当たりに見ることができkaikunに感謝。

q42_201312142324465e9.jpgCIMG0360.jpg

でも、いつもだったら遊歩道に上がる場所に来ても
ドンドン行くので文句を言うもどこ吹く風のkaikun

q41_2013121423244589f.jpg

そして、先月半ばから数えて3度目のJ代植物園で暫しの休息。

q40_2013121423244305c.jpg

まだまだ、余力のあるkaikunはドッグランへ…

q39_201312142323478fc.jpg

走り回る姿は流石に猟犬のDNAを承け継いでるだけに
無駄な筋肉はなく、足腰のバネも素晴らしくカッコイイよ



その帰り道で驚かされたのは過日の秋田犬たちのお宅に
迷いもせずに真っすぐ行き着いたことだ。
前はどう歩いてここに辿り着いたのか飼い主はまったく
記憶にないのに犬の嗅覚ってホントに敬服するしかない!

q38_201312142323450c6.jpg
 
ももちゃんは日向ぼっこの方がいいと知らんぷりだったけど
さくらちゃんはすぐに立ち上がり近寄って来てくれた。
ブリンドルの毛色なので親しみを感じるし、なんともカワイイ!

q37_20131214232344c7e.jpgq36_20131214232343122.jpg


さてkaikun、来週の散歩スケジュールは …?

q35_2013121423234160d.jpg



過日の深大寺散歩の翌日はS公園周辺でのノンビリ散歩となったが

q65.jpg

次の日からはN川緑地への中距離散歩となり

q63.jpg

暫くはそこから少し足を延ばして東N川から西N川への
緑道を抜けてK野台へ行くのが2~3日続き

q62.jpg

またまたS公園周辺だけのブラブラ散歩となり
これが少し続いてくれるかとホッとしていたら

q64.jpg

そうは問屋が卸してくれないのがkaikunで
その翌日は、またいつものコースでK野台に行き

q60.jpg

ひと休みして河川敷に下り、いざ帰ろうと思ったが
川を下らずに上って行く気満々なので付き合うことに…。
ちょうど昼時になりそうなので深大寺で蕎麦でもと目論んだが
深大寺への出口に来ても一向に止まる気配もない。

q61.jpg

キリがないので途中で引き返したが思いもかけない場所から
住宅地に入り、裏道好みの体内ナビで連れまわした末に
やはり、深大寺方向へと進んで行くのだった。

q59.jpg

先日の人混みと鐘の音が厭だった深大寺は敬遠したいらしく
この日は神代植物園へ真一文字にゴー・サインのkaikunだ!

q58.jpg

リードを持たれたままだったけど、ひとっ走りできたし

q57.jpg

遅まきの秋の風景を飼い主に楽しませて

q56.jpg

帰途に就いたkaikun

q55.jpg

彼は大満足だったようだが飼い主は1時間に満たない散歩の1~2日後には
強烈な数倍返しが襲ってくることを肝に銘じさせられたのだった。

q54.jpg

今週のkaikunは、ラッキーちゃんに

q53.jpg

クーチャン・マルちゃん他の柴犬軍団

q52.jpg

そして、プリンちゃんと新顔にモテモテだったね。

q51.jpg


| ホーム |


 BLOG TOP