プロフィール

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

3~4日前の姿でいると暖房が欲しくなるほどの夜気の冷たさに
遠赤外線釜で焼き芋を作ってパクついていたら、匂いに誘われ
眠っていたkaikun、ムックリ起き上がり目の前に座り込んで動かない。

試しに、少し与えてみたら初めての匂いと味なのに抵抗もなく食べた。

r37_20131027175705852.jpg

気に入ったらしく、おねだりを繰り返すが、決まったフード以外は
余り食べさせないことにしているのでkaikunは試食だけでオシマイ。

鼻先に持ってこられても自分にくれたものでないと判っていると
どんなに大好物でも決して食べようとはしない行儀の良いkaikunに拍手!

r38_20131027180556732.jpg


伊豆大島に甚大な被害をもたらした台風26号は大陸の寒気も
呼び寄せてくれて初冬のような寒さが一気にやってきたようだ
その影響かこの日のkaikunも一気のギアチェンジとなった。
いつものS公園でワン友と談笑中に突然首輪がすっぽ抜けて
この時とばかりに草っ原を全速力で駆け回れて(すぐに捕まってしまったけど)
アドレナリンが沸き立った所為もあるのだろうが
珍しく飼い主の思惑とは違う方向に引っ張ってゆくのだった。

まずは仙川を下って祖師谷大蔵駅経由で
千歳台住宅街の見知らぬ通りに歩を進め…

r45_20131018184503882.jpg

途中の公園での遊びもそこそこに環八に抜け

r44_20131018184501bec.jpg

ひたすら、歩き続ける彼の目指すところは

r43_20131018184418d39.jpg

やはり、思った通りのR公園だったが、
いままで出入りしたことがない所から入園したのには
何故、ここに入口があるのを知っていたのかと驚かされた

r42_201310181844175b6.jpg

S公園で思う存分に駆け回れなかった不満がまだ残っていたらしく
ドッグランに入りたいと、しきりに訴えかけてくるが
場内には知らぬ顔や相性の悪そうなワンコが何頭かいたので
何とかなだめすかしてその場を去ることにした。

kaikun、駄々をこね過ぎてのどの渇きを覚えたらしい。

r41_2013101818441551b.jpg

そして原っぱでひと休みするも、諦めきれないのか暫し放心状態…

r40_2013101818441498f.jpg

でも、切り替えの早い彼はすぐ、ご機嫌顔に変わってくれる。

r39_20131018184412bd5.jpg

てな訳で、この日の散歩時間は優に3時間を超えてしまったよ





しばらく続いた異常な暑さの日々が去り、
ようやく昨日から秋らしい気候になってきた。
それに合わせるように長引いていたわが風邪も
時折、咳が出る程度に治まってきてくれたようだ。

気持ちの良い朝を迎え、少し我慢をさせていた
kaikunに報いるため今朝は日の出時の散歩を
復活し、好きに歩かせることにしたのだが…

r51.jpg

いつもの長駆散歩コースを足取り軽く歩を進めながら
途中の原っぱで遊んだ後、何を思ったか元来た道にUターン。

r50_201310141340578cb.jpg

ここ数日は短時間の代わりに友達ワンコと遊ぶのが日常だったから
どうやら、人っ子一人として出喰わさない散歩が厭だったらしい。
S公園に戻って来て友達の姿を探していたら犬連れの姿が……。

r49_20131014134055d1a.jpg

遊べるかと思ったけど、アッサリ素通りされてしまい
落胆のkaikunは座り込んで、次の機会を待っていたが

r48_201310141340530bf.jpg

いつもの場所でいくら待っていてもこの時間帯では
誰もやって来ず、仕方なく諦めて帰ることになった。

でも、久しぶりの爽やかな早朝散歩に満足顔のkaikunだった。

r46_2013101413405020f.jpg


| ホーム |


 BLOG TOP