プロフィール

 kaikunpapa

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


いつもkaikunの夕方散歩(というより夜だけど…)は早くても7時過ぎなのだが
この日は何故か5時を過ぎたばかりなのに玄関でソワソワし始めたのだ。

という訳で1年超ぶりにS公園へ夕方散歩に行くこととなった
公園の藤棚は去年まったく咲かなかった花が早くも見事な房状に垂れさがっている。

u40_20130426163405.jpg

やはり朝散歩とは違ったワンコ達に会えたのがkaikunも楽しかったらしい。

この同い年のミリーちゃんとは会った途端にすっかり意気投合

u39_20130426162919.jpg

ひとしきり遊んだ後には滅多に見せない甘えた仕草までする始末

u38_20130426162917.jpg

珍しく散歩先でアヤちゃんと福丸くんと出会うことになったり

u37_20130426162915.jpg

ウォルフィくんの顔も見ることができ大満足で帰路へ…

u36_20130426162913.jpg

夕日を浴びながらの散歩はホントに久しぶりだなぁと思わず呟いてしまった

u35_20130426162912.jpg


ようやく雨が上がった昼過ぎに出かけることになった今日の散歩。
待ちくたびれていたし、ここ二日間は満足な散歩をさせて貰えてなかったからか
急ぎ足でしかもいつもと違ったコースを歩いて行くkaikunだった。

u45_20130421224230.jpg

というのも木曜日に風呂上がりで夜更かしをした飼い主が喉風邪に罹り
翌日から激しく咳き込むの目の当たりにしていたkaikunは
その日の散歩は驚いたことにほんの数分歩いたところで用を足すと
飼い主になにか言いたげな眼差しで見上げてくるのだ。
何を要求しているのかわからないので彼の意のままにさせてみると
サッと踵を返し、来た道をスタスタと戻ってゆく

行く先を変更したいのかと思っていたがさにあらず
何とわが家に向かって一直線に歩いて行くではないか
という訳でこの日の散歩時間はほんの10分足らずでおしまい。

そして翌々日もS公園だけの短時間散歩で帰途についてくれたのだった。

出がけに飼い主が言ったあまり遠くに行かないようにという言葉を
聞き分けて気遣ってくれていたのだということに気付き大感激の飼い主

従来にも増してkaikunとの絆の深まりを強く感じたのだった

u44_20130421224145.jpg

甘えん坊で悪戯好きなkaikunだが思いやりのある優しいワンコなのだ

u43_20130421223958.jpg


吹く風は少しヒンヤリとしていて肌寒さを覚えるが
陽射しはやはり初夏を感じさせてくれる日が続いている。

そんな気温の微妙さに初夏の象徴である公園のつつじも戸惑っているのか

まったくつぼみのままで咲こうかまだ早過ぎるかなと迷っているものや

u48_20130413202130.jpg

5分咲きのものや

u49_20130413202132.jpg

既にほぼ満開になっているものなど様々

u50_20130413202134.jpg

それに、まだまだ春爛漫を競っている花々も多く、将に公園内は春夏混在というところ

u47_20130413202128.jpg

とはいえ、わがkaikunも陽射しを浴びながらの長駆散歩は
いささか疲れるとみえ木陰での休憩時間が増えてきたようだ

u46_20130413202126.jpg

いつも通り抜ける公園では鶯の声が何処からともなく聞こえ
柄にもなく風流心を抱きながらkaikunとのそぞろ歩きを楽しむことに

鶯の鳴き声の音量はかなり低いので聞こえにくいかも…


昨日と打って変わった抜けるような青空に浮かぶ雲と眩ゆい陽光に
原っぱを吹き抜ける強い風が見慣れた風景に初夏の趣を与えるきょうの朝散歩。

v15_20130407224206.jpg

kaikunも家に閉じ込められた昨日の鬱憤を晴らしているようだ




すっかり散ってしまった樹の下での桜まつりだが人出はかなりのものだった

v13_20130407224822.jpg


S公園の桜も殆んど散ってしまったが遅咲きのこのしだれ桜は
まだまだ目を楽しませてくれる姿形を残してくれているようだ

v25_20130405171625.jpg

寒かったり暖かかったり日替わりで激しい気温の変化が続くが
季節は確実に巡っているとみえ姫リンゴの蕾もかなり開いてきた。

v24_20130405171623.jpg

そんな訳できょうのkaikunとは花を愛でる散歩ということに…
ニラハナはまだもう少し待ってて…という感じかな

v22_20130405171546.jpg

でもノンビリは嫌なkaikunは恒例の野川方面へと急ぎ歩を進めるのだった

v17_20130405180013.jpg

門前を通るたびにキュンキュンと声をかけてくれる柴犬には冷たいkaikun

v20_20130405171541.jpg

いつもの崖線緑地でタンポポとパチリ

v19_20130405171539.jpg

野川沿いの桜は遠目で見る限り絶景の感が残っているね

v18_20130405171537.jpg

どうやら色彩り彩りの花に囲まれている方がkaikunはご機嫌らしい

v16_20130406183806.jpg


戻りすぎた感のある寒の戻りのお陰で長持ちしていた桜も散り始め、
散歩コースの路上にはピンクの絨毯が敷き詰められてきたようだ。

ハラハラと散りゆく桜にkaikunもなんだか名残惜しそうだよ。

v34_20130401202531.jpg

久しぶりの陽光にkaikunの足取りも軽い




いつもより早くS公園に戻ってきたら初対面のわんこ達に遭遇

v33_20130401202502.jpg

このトイプーちゃんもKaikunに直ぐに駆け寄って来てくれたが

v32_20130401202500.jpg

いつまでも仲良く遊んでいたのはこのアンジュちゃんだった

v31.jpg

その後、苦手のボーダーに出会ったら途端に吠えまくりの一触即発の危機
このボーダーは先代カイと仲良しだったルークくんなのに…

v30_20130401202457.jpg

きょうの締めはそのカイと同じように切り株の上での決めポーズ

v29_20130401202456.jpg

明日からまた雨模様の寒い一日になるそうだ。ヤレヤレ…


| ホーム |


 BLOG TOP