プロフィール

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ここ数日は夏到来かと思わせるような陽射しが続いているが
湿度は高くなく暑さを苦痛に感じさせるほどでなく吹く風は爽やかそのもの…
アジサイもそろそろ花開き始め目を楽しませてくれているようだ

R39_20120526223918.jpg

それなのにわが公園ではまだ暑さ負けしない鶯の鳴き声が賑やかだ

眩しいくらいの新緑の中で季節外れの鳴き声に聴き入っているKaikun




この日は用事があって朝散歩は早出の割に小一時間で切り上げたもので
Kaikunはやや不満だったようで帰途途中でも駄々をこねたり…

R38_20120526223919.jpg

帰宅後、足を拭き終わっても玄関から動こうとしないのだ

R37_20120526223920.jpg


今年はS公園の藤が何処もまったく咲かなかったので
いつもは艶やかな藤棚の色彩が乏しくて寂しかったね

R41.jpg

この日のKaikunはどうやら目いっぱい走り回りたかったらしく
ミニドッグランに直行しようとしたが最近は小型犬ばかりなので
入るのは遠慮しようと言い聞かせ公園内を歩くことにしたのだが
そこは万全の体調自己管理を期している彼が満足する訳がない
ならばと公園内のそぞろ歩きもそこそこに向かった先はR公園だ
ドッグランにいたニコちゃんを見かけるともう一目散に駆け寄り
「やぁ、久しぶり!」と挨拶もそこそこに遊び始め

R44_20120522214528.jpg
R43_20120522214529.jpg

そしてジルくんも仲間に入り場内狭しと走り回る


思いっきり遊んだ後、広場でのクールダウンはいつもの行動パターン

R42.jpg

すっかり疲れてこのまま温和しく帰るかと思いきや
帰る途中で最後のひと遊びとリードにじゃれ回るのもいつものこと

R40_20120523182007.jpg

おまけは一昨日に出会ったKaikunと年の違わない白柴のレンくん
目を合わした途端、お互いに身構え激しく吠えまくっていたが
カリスマドッグトレーナーの方法を踏襲していたら効果てきめん
そのうちにどちらも落ち着きを取り戻し鼻を突き合わせ挨拶を交わしていた

R46_20120523191004.jpg


五月も半ばを過ぎ陽射しもかなりきつくなってきたので
そろそろ時間帯を速めなければと早朝散歩を試みた。
まだ7時を僅かに過ぎたばかりなのにこの陽射しだと
もう少ししたら朝の散歩は5時半起きでないとダメだな
となるとこれまでのように深夜までの夜更かしはムリか

R54.jpg

いつもは食事をしてからだけど今日は食前散歩だから
空腹だとみえてやたらにサラダバーを繰り返すKaikun

R53.jpg

日頃は友達ワンコがたむろしている原っぱも
あたりに人影はまったく見当たらないけど
青葉の眩しさと時折聞こえる季節外れの鶯の鳴き声が
何とも清々しい心地よさを感じさせてくれるのか
Kaikunいつも以上に気持ちが弾んでいるようだ


とはいえ、誰にも会えなかったKaikunは内心は寂しかったらしく
帰り間際にワンコの姿を見つけたらその場を動こうとしない

R52.jpg

お互いに初顔でどちらも警戒心の強い者同士ということで
少し心配したがまったくの杞憂に終わって仲良く遊び始めた
相手のワンコはわが家の初代犬と同じ名前のアルくんだ

R51_20120520193733.jpg

そこに現れたマリイちゃんは遊びに参加を誘われたがやや迷惑顔

R50_20120520193732.jpg

おまけの写真は日曜日に2度目の嬉しい出会いとなった
僅かの間にすっかり大きくなったテールちゃんとコナンくん

R49_20120520193801.jpg

そして初めて出会ったクッキーちゃんは5ヵ月の女の子

R47_20120520193759.jpg

最近、CS放送のカリスマドッグトレーナーの犬のしつけを観ているのだが
その内容は教えられるものが多くKaikunにも実践していくつもりなので
感情の起伏が激しいKaikunもいずれ先代カイのような穏やかな犬に変身しますよ



この土・日は何だかジッとしていると肌寒さを感じるほどの気温だったが
明るい陽射し(紫外線は強いけど…)と爽やかな風で絶好の散歩日和で
いつも以上の快適さがKaikunの気持ちにゆとりをもたらせたらしい

原っぱで散歩するカルガモ夫婦を追いかけもせず優しく見つめていたり

R56.jpg

ひと息入れる休憩では流れる雲の行方をノンビリと追っていた

R55.jpg

気持ちのゆとりと言えばこのところすっかり我慢強くなってきたKaikun

半月くらい前までは散歩に連れて行くのが遅くなるとキュンキュン催促していたが
いまでは散歩に出かける態勢をとりながらもウロウロせずに温和しく待っているし

R59_20120513145743.jpg

散歩から帰って足を洗うのに風呂場でしばらく待たせていても
飛び出てくることもなく主人が来るまで待機してくれている

R58_20120513145742.jpg

それと、数日前に驚かされたのは夕食を外食でと出かけた日のことだ
Kaikunは留守番だからひとりで夕食だよと器にフード入れて
食べるように差し出したがまったく食べようとしないのだ

ま、みんなが出かけてしまったら食べ始めるだろうとそのままにして出かけたが
帰ってくるといつも通り喜んで出迎えてくれたKaikunの食器は手つかずのまま

どうやらKaikunにとって食事は家族全員が揃ってするものになっているのだろう
いつものようにテーブルにみんなが着いてやるとやおら食べ始めたのだった

R57_20120513145741.jpg

もうすっかりわが家での立位置を自覚しているKaikun
これからの成長ぶりがますます楽しみになってきたよ


GW最後の日曜日の朝散歩は絶好の日和で爽やかな散歩となった

でも公園の鯉のぼりはもっと強い風が吹いて欲しそうだけど
散歩するわが身にとっては真に心地よい薫風そのものだ

s35_20120506172527.jpg

サクランボの実も色づき始め、まさに初夏の趣だ

s26_20120509180452.jpg


Kaikun何だかご機嫌でいつも以上のにこやかな表情を見せてくれているね

s31_20120506172525.jpg

彼もまた五月の風の薫りを楽しんでいるようだ

s33_20120506172524.jpg

草原を吹き抜ける風を受けるのが気持ち良いとみえて
強い陽射しを避けて木陰で自分からひと休みのKaikun

「薫る風 木陰の一息 心地よし」 てな心境かな

s32_20120506172523.jpg

そんな散歩の中で出会ったのが二度目のマロンちゃん
初回には剣呑な雰囲気だったけど今回は親密度抜群

s30_20120506172522.jpg

そして先代カイと仲良しだった愛薇ちゃんと

s28_20120506175049.jpg

ココちゃんにも出会ったけど

s27_20120506173837.jpg

どちらも二代目のKaikunには何故か冷たいのだ
傍に寄っていくと警戒信号を発するのでKaikun寂しそう

こんなに絶好の日和だった午前中と打って変わった午後の空模様
3時過ぎには突然の突風と雹混じりの豪雨に驚かされた 
つくば市では竜巻で大きな被害が出たとか…自然の猛威が続いて怖いね

s29_20120506173835.jpg



今日から5月。青空に泳ぐ鯉のぼりや樹々の青葉が目に心地よい季節になったが
何だかまたまた鬱陶しい雨模様で散歩もままならぬ日が続きそうだ。

s37_20120501224619.jpg

もうすぐ2歳の誕生日を迎えるKaikunもどうやら大人の心構えができてきたらしく
ちょっと前まではすれ違う小型犬によく一喝して脅しをかけていたのが
最近はそれが影をひそめた為か逆に小型犬や幼犬からは慕われることが多くなった。

初めて会ったときから優しく接していたのですっかりKaikunに懐いてくれているミキくん

s40_20120501224618.jpg

同じくピーくんはKaikunと遊ぶのがホントに楽しそう

s39_20120501224617.jpg

遠くからでもKaikunを見つけると駆け寄ってきてくれるレオくん

s36_20120501224616.jpg

ただ怖いもの知らずの所もあるらしくボール命のシェパード・ナナちゃんの
背中に乗っかろうとするのは公園ワン仲間でもKaikunだけだそうだ 

s38_20120501224616.jpg

とはいえ、相変わらずボーダーやハスキー、ボルゾイなどには敵対心丸出しで
吠えまくるのでまだまだ先代カイの域に達するのには相当な日月を要しそうだ


| ホーム |


 BLOG TOP