プロフィール

 kaikunpapa

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


11月も終わりになってようやく公園の樹々も紅葉が目立ち始め
Kaikunの散歩行も周りの景色を楽しめるようになってきた。

k43_20111130220633.jpg

気のせいかKaikunもこの景色の変化を楽しんでいるように見える。

k40_20111130220635.jpg

そんな折に出会ったのがほぼ一年ぶりの YOU & I ちゃん
出遭った時、Iちゃんは寄ってきてくれたものの
YOUちゃんには逃げ回られてKaikunは焦り気味のようだが

k42_20111130220634.jpg

別れ際にはようやく鼻を突き合わせて貰えて満足したみたい

k41_20111130220634.jpg

おまけの写真はロクくんと名付けられすっかり新しい家族の一員として
リラックスムードのゴルフ場が科仮住まいだった先日のハスキー犬。
近づくと直ぐにすり寄ってきて甘噛みを始める甘えっ子だ

k44_20111130220633.jpgk45_20111130220629.jpg



日中は些程ではないものの朝晩はめっきりと肌寒さを感じるようになり
エアコン暖房はあまり好きではないわが家なので
朝起きると直ぐに石油ヒーターに火をつける時期が来てしまった。

最近は2Fの寝室で一緒に寝るのが習慣になっているKaikunだが
そんな彼にどうかなと思いながら「おーい、ストーブが点いたぞ」と
声をかけてみるとダダダッと駆け下りて来て見せた姿が下の写真 

k50_20111127185240.jpg

甲斐犬はかなり賢い部類の犬種だが言葉を覚えるのがすこぶる早いのに驚かされる。
Kaikunもコマンド以外にも「こっち」や「帰るぞ」などのいろんな言葉が判ってくれるので
好きなように遊ばせたり散歩をさせていても切り上げがスムーズにゆく良い子に育った 

k47_20111127185239.jpg



すっかり大人っぽくなって強面になってきたkaikun 
まだ1歳6カ月足らずだというと大抵の人が驚く

n30.jpg

一時期、すれ違うワンコに必ず一喝をかましていたkaikunだったが
落ち着きを見せ始めたこの頃は殆んどの犬と温和しく挨拶を交わしてくれる。

その所為か、♀のワンコが親しげに寄ってくるのが多くなり
kaikunにもどうやらモテキがやってきたようだ 

このハルちゃんはkaikunが近くの小公園の原っぱにいるのを
通りすがりに見かけると立ち止まり遊ぼうポーズをして動かない。
飼い主の方が恐る恐る近づいてこられたのでこちらも警戒をしていたら
そんな心配はどこ吹く風でお互いに尻尾ふりふりのルンルンご挨拶 

n37.jpg

時間が経つのも忘れるほどのはしゃぎっぷりだ 

n36.jpg

後ろ髪引かれながら次に行った公園でも…

n35.jpg

kaikunの見かけにやや引き気味だった飼い主さんを
驚かせたほどに初対面同士の親密ぶりを見せてくれた

3歳のアニーちゃんと13歳のモモちゃん

n34.jpg

どちらも臆病だというけどそんな気配は微塵もない

n33.jpg

でも、やることはまだまだお子ちゃまのkaikun
その後の原っぱではゴロンゴロンのひとり遊び

n29.jpgn32.jpg


見た感じはすっかり精悍な成犬なのにね

n31.jpg



11/10付の日記に掲載した気になるハスキー犬の里親希望者が現れました。
飼っていたハスキー犬を年初に喪い、寂しい思いをされていた方なので
きっと素晴らしい家族になると思います。
ご心配いただいた皆さま、ありがとうございました <(_ _)>


わがkaikunは負けん気の強さは相変わらずだが
何だかなかなか遊び上手になってきたような気がする。

このアビルくんとはドッグランでは逃げ回られて
一緒に遊ぶ姿は見られなかったのに
原っぱでボンヤリしているときに近づいてきたアビルくんは
しばらくすると逆にkaikunを遊びに誘うほどに打ち解けてくれたのだ

n42_20111116171010.jpg

でも、莉子ちゃんには煩がられてたね

n41_20111116171010.jpg

この場所は2本の冬桜の樹があり、今が開花中

n38.jpg

今年は朝顔が11月上旬まで咲いていたほどの変な秋景色だったが
なかなか黄色くならなかった公孫樹もようやく色づき始めたようで
傍を通ると落ちた銀杏の実が独特なにおいを漂わせている時期になった

n40_20111116173611.jpg



先週の土曜日にミニドッグランで催されたわんわんスクールに参加

n50.jpg

前半はなかなか順調に講習をこなしていたのだが

n49.jpg

休憩時間を過ぎたらもうすっかり飽きてしまったらしく
外に出せ!とソワソワし始めるkaikunだった。
飼い主に似て飽きっぽいところがあるようだね

n48.jpg

解放後はホッとしたのかそれとも駄々っ子ぶりを恥じたのか照れ笑い

n47.jpg

翌日は窮屈だったスクールの鬱憤晴らしかこのミニドッグランで遊んだ後に
蘆花公園のドッグランでも走り回ろうとする魂胆のkaikunに付き合わされてしまった。
そこで出会った8ヵ月のホップくんとはすっかり気が合ったらしい。

n45.jpg

相撲を取ったり走り回ったり縦横無尽


こんな恰好で遊ぶ姿も見せてくれたよ

n44.jpg

ドッグランを出た後もまだまだ帰る気にはならないらしく
帰るぞと促しても動こうともせず、まったり気分に浸り切り
おかげでこの日の帰宅時間は昼過ぎになってしまったよ

n43.jpg





kaikunと言えば相変わらず元気いっぱいの毎日。
散歩に出かけるときの行く先はほぼ一定しているが
目的地までの道筋は日々の気分次第で違ってくる。

この日も行く先は見当がついたが全く初めてのコースを歩いて行き
道すがら、彼なりに方向を確認しつつ見慣れた場所に導いてくれた。

u38_20111110155320.jpg

朝の散歩はできるだけ好きな方向に歩かせているのだが
何故か遠回りコースばかりをとるので結構な運動になる。

u37_20111110155320.jpg

どんなに遠くへ行っても必ず一旦はいつもの公園に戻ってくるkaikun

u39_20111110160214.jpg

いくらkaikunがタフだといってもやはり疲れは覚えるのだろう
戻ってきた公園ではベンチを見つけると休むことが多くなった。

u4o.jpg

こうやって休息を取りながら明日の散歩プランを練っているのかな

u36_20111110155944.jpg




このところ、ミニドッグランへ入るのは閉場間近の時間帯なのだが
わずかの時間でも歩きだけじゃ物足らないとばかりに走り回るkaikunだ

r37_20111101223552.jpg

そのミニドッグランではかい(開)君とkaikunの微笑ましい出逢いが…

r38_20111101223552.jpg

かい(開)君は先日知り合ったプードル・ショコラくん家の幼稚園児だ。
ワンコが自分と同じ名前で呼ばれてるなんてちょっと不満だったかもね。

r39_20111101223551.jpg

しばらくは好天気が続きそうだから遠出の散歩が多くなって
またまたサプライズな新しい出逢いが生まれるかもしれないよ。

r36_20111101223552.jpg


| ホーム |


 BLOG TOP