プロフィール

Author: kaikunpapa
このブログの主人公は
数少ない白い甲斐犬を父とし
茶虎甲斐犬を母とする
2010年6月生の偕煇(カイクン)です

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


強風が吹き荒れる中の散歩は飼い主にとっては嫌なものだが
わが Kaikun にとっては楽しくてたまらないらしい。

風に舞う枯葉や小物を目にすると猟犬の本能が目覚め
追いかけ回すことができるのは無上の喜びになるのだろう。

x17.jpg
x18.jpg
x21.jpg

そして、遊び疲れて喉が渇くと
勝手知ったる水飲み場へサッサと歩を進める Kaikun

x19.jpg
x20.jpg

どこに何があるかを熟知しているから散歩は楽でいいよ




先週の半ばに罹った風邪はインフルエンザではないものの
かなりタチが悪いもので未だに咳と頭痛に悩まされていて
Kaikun との散歩をなかなか楽しむことができないでいる。
そんな訳でブログ更新の材料は何もない一週間だったので
先々週の好天気だった日の Kaikun の散歩姿を記してみる。

この日は何故かいつもの公園で遊ぶこともせずに住宅街を
それも歩いたことのない道順を迷う様子もなくズンズン南下。

004


彼にまかせていたら行き着いた先は見覚えのある東宝撮影所。
成程、つい数日前に行った公園を目指しているのかと納得。

006


初めて行った公園なのに違う道順で行けるなんて凄いよね。




好天に恵まれ気分爽快だったんだろうけど嬉々とした様子は
この公園も Kaikun のお気に入りのひとつになったらしいね。

009


団地近くの遊園地にも繰り返し足を運ぶので、ちょっと悪戯心が湧いてきた。

017


グルグル回るのが、結構楽しそうな Kaikun だったよ。




下り道、ノーリードで駆け上がってきたチャウチャウ犬系MIXと出喰わし
一瞬焦ったがお互いに礼儀正しく挨拶を交わしてくれたので再会を約束。

012
013

風邪が治ったら、また一緒に行こうな。毎日来るって言ってたから再会は間違いないね。



先週の雪は殆んど積もることがなかったので
昨夜半からの積雪はKaikunにとって初体験となる

x13.jpg

明け方から雨に変わったためクルマが走る道路の雪は
既に溶けているし、踏む雪は水っぽかったが
それでも人が通らない日陰の場所では積雪が見られた

x14.jpg

初めて味わう雪の感触は Kaikun にとって楽しいものだったようだね

x15.jpg



「でも、雪ってあまり美味しいものじゃないな…」って顔をしてるKaikun

x16.jpg






期待したほどの積雪が見られずその雪も殆んど溶けてしまった土曜日の昼下がり
久しぶりに Kaikun の両親&兄弟姉妹犬との交流機会を作ってもらえた。
残念ながら3匹の兄妹とは会うことができなかったがKaikunも大満足だったようだ。

x06.jpg

これが約5ヵ月ぶりの顔合わせとなる父親犬のシロさん

x09.jpg

どっしりとした風格に威圧されたらしく Kaikun 何だか硬直気味

x11.jpg

自我に目覚め、最近は出会う犬達にかなりの自己主張をし始めたKaikunなので
若干の心配もあったが、姉さん犬の雪ちゃんとは目があった途端に遊び始めたし

x08.jpg

弟犬のベルくんとも激しくやりあうことがなかったのはやはり血の絆なのかも…

x10.jpg

記念写真を撮るも一同揃ってのカメラ目線はなかなか貰えない

x11_20110213111726.jpg

ここでもじゃれあう雪ちゃんとKaikunの仲好しコンビ

x12.jpg

次回の集まりではみんなどんな反応を見せてくれるのかな



遊ぶのはいいけど、まかれてあるチップを食べてばかりいるので
入るのを止めていたミニドッグランへ久しぶりに連れて行ったら
友達ワンコと自由に走り回れるのはやはり嬉しいとみえる。

リードを外した途端に矢が放たれたように走り出した

x01.jpg

拾った木片の取り合いっこも楽しそう…

x02.jpg

久しぶりのKaikunをみんな喜んで出迎えてくれたね


かと思えば独歩行も大好きなKaikunだから
喧騒を離れた散策を楽しむことも多い。

x03.jpg

未知のコースをどんどん歩いて行くのも相変わらずだ

x04.jpg

時々、ここは何処かなと不安に感じることがあっても
Kaikunの歩きに任せておけば必ず見覚えのある場所に行き着く

x05.jpg

アルもカイもそうだったけど犬の帰巣本能ってスゴイね。



昨日は節分。毎年のわが家の豆まきでは
先代カイはまったくの知らん顔だったし
先々代のアルは後をくっつき回っていた

さて、Kaikunの反応はというと
これがアル以上に尻尾をビュンビュン振りながら
撒かれた豆を片端から平らげてゆく

ドッグフードしか食べさせてもらってないので
この新しい食感がたまらないのだろう

y06.jpgy07.jpg

撒き終わった後に飼い主がポリポリ食べているとオネダリするので

y08.jpgy09.jpg

あまり食べさせる訳にもいかないので打ち止めにすると…

そんな顔をしても、もうあげないよ~~
y10.jpg

一夜明けてきょうは立春の名の通り、春を思わせる陽気になった
いつもの公園でワン友と暫し遊んだ後に足を伸ばしたのはパンダ公園

y11.jpg

何故かこの公園にある銅像をいつも気にするKaikun

y12.jpg

水の流れていない水路を探検したり

y14.jpg

高い目線の風景を楽しんだり

y13.jpg

豆の食べ過ぎの心配もなくいつも通りの散歩だったKaikun
空気が乾燥しているためか喉も渇くらしく水飲み場へ一直線

y15.jpg

帰途に出会った救急車何故かピーポピーポという音が気になるらしく
いつも救急車が走ってくると通り過ぎるまでじっと見守っているKaikunだ

y16.jpg



| ホーム |


 BLOG TOP